日本の官制

あ~お

県主【大王家直轄領と関係の深い謎の地方官】

県主について 【表記】 県主 【読み】 あがたぬし 県主とは ヤマト王権が置いた地方首長(地方官)の一種。 ヤマト王権は、侵略し服属させた地域を、地方行政上の単位「県」と規定した。 こ...
日本史用語の基礎知識

少納言【有名な割にはキツイ!ツライ!…その上に報われない職!】

少納言について 【表記】 少納言 【読み】 しょうなごん 【国風読み】 すないものもうし 【官位相当】 従五位下 【唐名】 給事中 【定員】 3名 少...
日本史用語の基礎知識

大納言【太政官のナンバー2!武家にとっても大事な官職!その歴史と実態とは?】

大納言について 【表記】 大納言 【読み】 だいなごん 【国風読み】 おほいものまうすのつかさ 【官位相当】 三品(四品)・正三位 【唐風呼称】 亜相・侍中 大納...
日本史用語の基礎知識

太政官【日本を支配した統治機構!】

太政官について 【表記】 太政官 【読み】 だいじょうかん 【国風読み】 おおいまつりごとのつかさ 太政官とは 八省百官を統括した統治機構のこと。 統一中央政権が国土と人民を支配...
日本史用語の基礎知識

冠位十三階【日本で二番目に制定された画期的な冠位制度(官位制度)】

冠位十三階について 【表記】 冠位十三階 【読み】 かんいじゅうさんかい 【時代】 孝徳天皇朝 『冠位十三階』とは 『冠位十二階』に続いて、日本で二番目に制定された冠位制度(官位制度)...
日本史用語の基礎知識

忠臣【日本史上たった一人のための官職が爆誕!】

忠臣について 【表記】 忠臣 【読み】 ちゅうしん 【時代】 奈良時代 忠臣とは 令外官。 日本史上で、「忠臣」に就いたのは、藤原北家出身の藤原魚名しか存在しない。 藤原魚名(...
日本史用語の基礎知識

大師(太政大臣)【日本史上唯一の官号!人臣最初の「太政大臣」は中国風に!】

大師について 【表記】 大師 【読み】 たいし 【時代】 奈良時代 大師とは 太政大臣のこと。「太師」とも書かれる。 天平宝字2(758)年、光明皇太后の力を背景に、当時の朝廷を...
日本史用語の基礎知識

知太政官事【天武天皇皇統における皇親政治の要】

知太政官事について 【表記】 知太政官事 【読み】 ちだじょうかんじ 知太政官事とは 奈良時代に設置された令外官。 この職に就任しているのは、天武天皇皇統の皇親4人に限定されており、天武天皇...
日本史用語の基礎知識

御史大夫【天智天皇が設置した官職】

御史大夫について 【表記】 御史大夫 【読み】 ぎょしたいふ 御史大夫とは 古代。 天智天皇の朝廷で制定された官職。左右大臣に次ぐ官職であった。 制定されたのは天智天皇10(671)年...
日本史用語の基礎知識

宮内省【皇室のお世話の番人】

宮内省について 【表記】 宮内省 【読み】 くないしょう 【国風読み】 みやのうちのつかさ 宮内省とは 令制八省のひとつ。 天皇や皇族等、皇室の衣食住を中心とした...