百済王善光【数奇な運命!百済王氏の祖!】

百済王善光(百済王禅広)について

【名前】 百済王善光(百済王禅広)
【読み】 くだらのこにきしぜんこう
【生年】 不明
【没年】 不明
【時代】 飛鳥~藤原京時代
【位階】 正広肆(従三位相当)
【追贈】 正広参(正三位相当)
【官職】 不明
【出自】 百済王族
【百済名】 余禅広・余勇
【父】 百済国王義慈王(弟説あり)
【母】 未詳
【兄】 豊璋等
【子】 百済王昌成・百済王遠宝・百済王南典(曾孫説あり)
【孫】 百済王郎虞(子説あり)
【曾孫】 百済王敬福
【氏】 百済王氏(百済氏)
【姓】

百済王善光(百済王禅広)の生涯

百済王善光(百済王禅広)の生い立ち

百済王善光(禅広)は、義慈王の王子として生まれる。

善光の生母は未詳である。確かな誕生年も不明であり、百済時代の様子も判らない。

その善光が、倭(日本)と関わりを持つ契機となったのは、7世紀の東アジアの情勢である。当時の百済は、高句麗や新羅との間で軍事紛争を繰り返していた。

そこに、かねてから朝鮮半島の支配を目論んでいた唐が高句麗征討を断念し新たに朝鮮半島への侵略の足掛かりとしての目標を高句麗から百済へと変更したのである。そこで、唐は、百済の宿敵である新羅と同盟した。

このような危機的状況に陥った義慈王は、倭(日本)との外交に活路を求め、自分の王子を倭国に派遣する手段を選ぶ。

百済王善光(百済王禅広)、人質として倭(日本)へ

義慈王の目的は、倭(日本)から援助を引き出すことであった。

同時に、王子を倭(日本)の朝廷に食い込ませることで、倭(日本)の朝議を百済贔屓へと誘導する目的もあった。倭(日本)に派遣する王子は、最初から、禅広(善光)と豊璋の二名であったのか、それとも、最初は、どちらか一名であったが、後に二名に増えたのかは判らない。

いずれにしても、こうした重要な役目、即ち、百済の国運を背負って、二人の王子、禅広と豊璋は、倭(日本)にやって来たのである。時に、舒明天皇3(631)年のことであった。この時、禅広と豊璋が、それぞれ何歳であったのか、確かな年齢は不明である。

禅広と豊璋がやって来た当時の倭(日本)は、蘇我氏を中心とした政治体制の時代であった。所謂「古代の文明開化」期とも呼ばれる時代で、大陸や朝鮮半島から様々や文物が入って来ていた時期である。

古代日本の文明開化と百済王善光(百済王禅広)

舒明天皇11(639)年7月、オキナガタラシヒヒロヌカノ大王(舒明天皇・これ以降「舒明天皇」表記)は、百済川のほとりに「大宮」と「大寺」を造営する詔勅を出している。「大宮」は百済宮のことであり、「大寺」は百済大寺(大安寺)のことである。

この百済宮や百済大寺と、禅広たち二名の王子との関係は見当たらないが、百済大寺に、九重大塔が建立されていることは注目に値する。

ほぼ、同時期に、新羅の皇龍寺にも九重大塔が建設されている。その建設には、敵対しているにも関わらず、新羅は、わざわざ百済から建設技術者を招聘し技術支援を受けているのである。ならば、倭(日本)においても、禅広と豊璋を介して、百済の技術者が招聘された可能性が高いように思われる。

ただ、いずれにしても、蘇我氏一族と禅広たちとの親交は正史には残されていない。その後、蘇我氏本宗家に対する一連の政変劇、所謂『大化の改新』が発生する。

『大化の改新』と百済王善光(百済王禅広)

蘇我入鹿が、中大兄皇子一派に暗殺された事件は、「三韓との外交」が鍵である。

中大兄皇子としては、「三韓からの使者」を本物と入鹿に思い込ませるためには、百済王族の禅広や豊璋の支援を必要としたものと容易に想像されるところではあるが、禅広たちが関与した記録は無い。あるいは、歴史の闇の出来事であったのかも知れない。

こうして、蘇我氏本宗家の時代から中大兄皇子を中心とする中央集権の時代となっても、しばらくは、禅広たちは、倭(日本)で平穏な生活を送っていたようである。

しかし、斎明天皇6(660)年になって事態は急を告げる。

百済滅亡と百済王善光(百済王禅広)

まず、正月に、高句麗の使節である乙相賀取文がやって来る。この外交団の規模は100名であった。百済と同じく、唐と新羅からの圧力を受けている高句麗が倭(日本)との外交関係を重視し始めたのである。

やがて、朝鮮半島において、唐と新羅が連合して、百済への侵略を開始。そして、7月、百済は、唐・新羅連合軍の圧倒的な軍事力の前に滅亡する。

国家が滅んでも人民は残る。人民は生き続けなければならない。

百済の遺臣たちは、百済の復興を果たすべく、沙弥覚従が来朝し倭(日本)に支援を要求し、百済の武将である鬼室福信は、唐軍の捕虜100人を倭(日本)に献上している。倭(日本)では、これらの捕虜を美濃国に定住させている。

この上で、百済遺臣たちは、倭(日本)に滞在している二人の王子を、百済再興の旗印に立てるべく返還するように求めて来る。倭(日本)側は、この要求に応じ、12月には、アメトヨタカライカシヒタラシヒメノ大王(斎明天皇・これ以降「斎明天皇」表記)自らが、百済救援のために大和を出発し西下の軍旅に就く。

倭(日本)を朝鮮半島での軍事介入に動かした背景には、中大兄皇子や中臣鎌足たちへの禅広に拠る熱心な働き掛けもあったものと思われる。

斎明天皇7(661)年、斎明天皇は、瀬戸内海を進み、筑紫国朝倉橘広庭宮に入る。戦場の最前線に最も近い場所へ朝廷そのものが「大本営」と化したのである。ところが、老境にあった斎明天皇に軍旅の強行日程は大きな負担であったようで、間もなく崩御する。

倭(日本)側にも大きな動揺が走る中の9月、中大兄皇子は、豊璋に「織冠」を授与し、倭(日本)の兵士を付けて、朝鮮半島への出兵を開始する。

倭国(日本)の敗戦と百済王善光(百済王禅広)

天智天皇称制元(662)年5月、豊璋が百済の国王に即位する。

こうして、百済は復興に向けて動き出したかに見えたが、天智天皇称制2(663)年、豊璋が鬼室福信を斬刑に処してしまったことで、一気に人心は乱れ、百済は内部組織が瓦解してしまう。加えて、倭(日本)水軍が、『白村江の戦い』で、唐水軍の前にあっけなく敗北したことで、百済再興は完全に潰え去る。

9月になって、祖国を失った百済人たちの倭(日本)への亡命が開始される。倭(日本)へ亡命したのは、王族・貴族・官人・軍人、そして一般人民に至るまで実に大量の人々が難民として、次々と倭(日本)に押し寄せたのである。

この混乱の中、天智天皇称制3(664)年3月、禅広は、難波に居住地を与えられる。場所は、摂津国百済郡と考えられている。

この禅広の難波居住は、百済からの難民の管理が目的であった可能性が極めて高い。

亡命者が、王族・貴族・官人・軍人であれば、義慈王の王子である禅広の威光は抜群である。即ち、禅広から王族・貴族・官人・軍人たちを通して、一般の百済人民を整然と管理させることが出来たのである。事実、大量の移住であったにも関わらず、各地で百済人に依る混乱や暴動が発生した記録は一切残されていない。

こうした中、唐使の郭務ソウ(りっしんべんに「宗」)が倭(日本)との戦後処理の交渉に訪れる。

天智天皇称制4(665)年2月、中大兄皇子は、亡命して来た百済官人を朝廷に登用するため、百済の官制を倭(日本)の官制と対比研究させている。また、百済人400名を近江国神崎郡に定住させた。他に、同国蒲生郡等、湖東方面に多く移住させている。

一方、唐も倭(日本)に圧力を加え、9月には、劉徳高が合計254名の外交団で来朝する。

唐との外交交渉の中においても、禅広は、倭(日本)側の「外交カード」として使われていたようである。何故ならば、倭(日本)が、今後も朝鮮半島に軍事介入する際には「百済王」として擁立することが可能だったからである。

もはや、国力が尽き果てた状態であっても、唐に対して、朝鮮半島出兵の口実を持ち続けることは必要なことだった。それは、裏を返せば、唐との関係修復のカードだったのである。

天智天皇称制6(667)年3月、中大兄皇子は大和国飛鳥を棄てて新たに大津宮へ遷都する。その上で、天智天皇7(668)年正月には、中大兄皇子が即位する(アメミコトヒラカスワケノ大王・天智天皇・これ以降「天智天皇」表記)。なお、同年、朝鮮半島では高句麗が滅亡している。

帰化官人としての百済王善光(百済王禅広)

ようやく、政治は落ち着きを取り戻したかに見えたが、天智天皇8(669)年10月、藤原鎌足が死去し、天智天皇10(671)年12月には、天智天皇が崩御する。

そして、畿内で、天智天皇の子で即位した大友皇子(弘文天皇)と、皇位簒奪を目論む大海人皇子(天智天皇の弟)との間で軍事衝突が発生する。天武天皇元(672)年の『壬申の乱』である。

結果、大海人皇子が勝利し即位する(アマノヌナハラオキノマヒトノ大王・天武天皇・これ以降「天武天皇」表記)。

天武天皇朝での禅広の動静は全く不明であるが、天智天皇が親百済派だったのに対し、天武天皇は親新羅派であったために、禅広たち百済人たちは極めて冷遇されていたものと推察される。

天武天皇3(674)年には、子の昌成が死去する。

昌成に先立たれ喪に服していたはずの禅広は、天武天皇4(675)年正月の朝賀の儀で、大学寮の学生・隠明寮・外薬寮・舎衛の女・堕羅の女・新羅の仕丁と共に、薬品や珍品を献上すべく出席している。いかに、禅広が屈辱的とも言える下級の扱いを受けていたかが判る。

そして、この頃に倭(日本)は「日本」を国号にしたと考えられる。

朱鳥元(686)年9月、天武天皇が崩御。

天武天皇の大葬において、禅広は、郎虞に誄を代読させている。これは、郎虞を朝廷の儀式に列席させる目的であったのか、それとも、自分を冷遇した天武天皇への反発であったのか、それは、禅広自身しか判らないことである。なお、この時の禅広たちは、政府の官人では無く、「百済王」と言う百済を代表する立場で、天武天皇の大葬に出席したものと解釈されている。

天武天皇の後を継いだのは天武天皇の皇后であり、天智天皇の皇女である兎野皇后であった。

兎野皇后は即位(持統天皇)すると、正確な年次は未詳であるが、禅広に対し「百済王」の姓を授与する。ここに、朝廷から禅広の系統が百済王の末裔と公認されたのである。それは、同時に、日本に帰化し、日本の官人として中央官人への道が開かれたことを意味する。

そして、持統天皇5(691)年正月には、郎虞や百済王遠宝、百済王南典等の子供たちと共に「優(にぎほ)」を下賜され、封戸100戸を加増、合計200戸を封戸としている。この時、禅広は、「正広肆(従三位相当)」と言う日本の官位を帯びている。ちなみに、子の遠宝は、「直大肆(従五位上相当)」であり、南典は無位である。

つまり、現存する記録上では、持統天皇5年が、日本の官人としての禅広のスタートである。ただし、この持統天皇5年の時点では、百済王族時代の「余」と言う姓を名乗っており、先に官位を受けた後に、「百済王」の姓を授与され、日本に帰化した可能性を示唆している。

持統天皇7(693)年正月、持統天皇は、善光に対して「正広参」を追贈する。この時、初めて正史に名を「善光」と記される。

百済王善光(百済王禅広)とは

百済王善光の出自について、一般には、義慈王の子とされるが、弟説もある。また、豊璋との長幼の順も明らかでは無いが、豊璋が渡鮮し百済王に即位していることから、豊璋が兄で、善光が弟と解される。

その善光は、舒明天皇3(631)年に生国である百済を離れて来倭(来日)し、持統天皇7(693)年頃に死去するまでの62年間ほどを日本で過ごした。

善光の一生は、間違いなく日本で過ごした時間の方が長かった。

舒明天皇や皇極天皇の時代を生きた善光は、『山背大兄王の変』や『乙巳の変』からの『大化の改新』と続く、日本の動乱を間近で見ていたはずであるが、しかしながら、善光や豊璋たちの生活ぶりについて、正史は語らず、斎明天皇6(660)年の百済滅亡時、善光たちが、どこで暮らしていたのかも判らない。

天智天皇の時代、百済からの亡命者の受け入れと百済の官制の移植に尽力したが、続く、天武天皇の時代には、一転して苦しい忍従の日々を過ごした。

そして、持統天皇朝で、日本の官位と「百済王」姓を与えられ、ようやくのことで帰化官人として生きる道を得たのである、

しかしながら、善光への追贈をについて記述があるにも関わらず、善光の死について正史が書き留めていないのは、あるいは、「百済王」姓は、善光の死後、善光の功績を称えて、その子等に与えられたものであることを示唆するものかも知れない。

実際、正史は、善光を「百済王」姓で記しながらも、同時に、善光が百済由来の「余」姓を名乗っていたことを記している。

もしも、善光自身が「百済王」姓を得ていない、あるいは、名乗らなかった、としたのならば、それは、百済からの亡命者たちに対し、自らが百済王家の人間として振舞うことで彼らの心を慰撫する役割を果たしていたのであろうか。善光は百済のために人質として祖国を離れ、その異国でも百済のために、その人生の最期まで尽くしていたのであろうか。

その後、善光の子孫たちは帰化官人たる百済王氏として朝堂において活動し、奈良時代には、東大寺の大仏造立に貢献し、とりわけ、桓武天皇の時代になると桓武天皇の生母である高野新笠に連なるとして、百済王氏の一族史上最高の栄光を迎える。

全ては、百済王善光から始まったのである。

百済王善光(百済王禅広)の系図

《関係略図》

高朱蒙━温祚王━(略)━義慈王┳豊璋
               ┗百済王善光━昌成━郎虞━敬福

百済王善光(百済王禅広)の年表

年表
  • 舒明天皇3(631)年
    3月
    人質として豊璋と共に来倭。
  • 舒明天皇11(639)年
    7月
    舒明天皇、「大宮」と「大寺」造営の詔勅。
  • 斎明天皇6(660)年
    正月1日
    高句麗使節乙相賀取文、筑紫に来倭。
  •  
    5月8日
    高句麗使節乙相賀取文、難波の迎賓館に到着。
  •  
    7月
    百済、唐・新羅連合軍に侵略され滅亡。
  •  
    9月5日
    百済の官人・沙弥覚従、来倭。
  •  
    10月
    百済の武将・鬼室福信、唐の捕虜100人を倭に献上する。
  •  
    12月24日
    斎明天皇、百済救援のために大和国を離れ難波宮へ行幸。
  • 斎明天皇7(661)年
    3月25日
    斎明天皇、筑紫国那大津に到着。
  •  
    5月9日
    斎明天皇、朝倉橘広庭宮に入る。
  •  
    7月24日
    斎明天皇、崩御。
  •  
    9月
    中大兄皇子、豊璋に「織冠」を授与し百済へ送り出す
  • 天智天皇称制元(662)年
    5月
    豊璋、百済王に即位。
  • 天智天皇称制2(663)年
    6月
    豊璋、鬼室福信を斬刑に処す。
  •  
    8月27日
    『白村江の戦い』。
  •  
    9月7日
    百済州柔城が落城。
  •  
    9月25日
    百済人の日本亡命が開始。
  • 天智天皇称制3(664)年
    3月
    難波に居住地を与えられる。
  •  
    5月17日
    唐使・郭務ソウ(りっしんべんに「宗」)、来倭。
  • 天智天皇称制4(665)年
    2月
    百済の官制の導入が検討される。百済人400名を近江国神崎郡に定住させる。
  •  
    9月23日
    劉徳高が254名の使節団を率いて来倭。
  •  
    11月13日
    倭、劉徳高と交渉開始。
  •  
    12月14日
    劉徳高、帰国。
  • 天智天皇称制6(667)年
    3月19日
    大津宮に遷都。
  • 天智天皇7(668)年
    正月3日
    中大兄皇子、即位(天智天皇)。
  • 天智天皇8(669)年
    10月16日
    藤原鎌足、死去。
  • 天智天皇10(671)年
    12月3日
    天智天皇、崩御。
  • 天武天皇元(672)年
    5月
    『壬申の乱』。
  • 天武天皇3(674)年
    正月10日
    昌成が死去する。
  • 天武天皇4(675)年
    正月1日
    朝賀の儀で薬品や珍品を献上する。
  • 天武天皇13(684)年
    10月1日
    『八色の姓』制定。
  • 朱鳥元(686)年
    9月30日
    天武天皇の大葬において、郎虞に誄を代読させる。
  • 持統天皇5(691)年
    正月7日
    「優」を下賜される。
  •  
    正月13日
    封戸100戸を加増し合計200戸となる。
  • 持統天皇7(693)年
    正月15日
    「正広参」を追贈される。